生活保護で有料老人ホームに入って快適な老後を

生活保護受給中の方で結構知られていませんが老人ホームって生活保護受給中の方も入居できるんです。

実は私の親類に生活保護を受けてるおじいちゃんがいて、昔からちょっと親戚も避けていたそうですが、高齢になってお世話をできる人が周りにおらず(しかもかなりの田舎に住んでる)、一人では生活できないほど介護が必要な状態になり、ケースワーカーさんと話した結果、家族が介護できないので有料老人ホームに入ることになったそうです。

しかも結構スムーズに入れたのでいろいろ私も調べてみたんですが、意外と生活保護受給者の方で有料老人ホームに入ってる人は多いんですよね。

「でもお金がないから有料老人ホームなんて贅沢なところに入れない」と考える方も多いんですが、実はこれも簡単にクリアできるんです。

今、生活保護受給者の方で有料老人ホームに入ろうと検討してる人はぜひ見てみてください。

生活保護を受けていても介護施設には入れる

有料老人ホームをはじめサ高住(サービス高齢者住宅)など生活保護

もちろん条件が合えば特別養護老人ホームなども入居可能です。

一番入りやすいのは介護度などにもよりますが有料老人ホームですね。

特別養護老人ホームのように空き待ち状態ではなく、簡単に入ることができますし、今は設備やレクリエーション、イベントが充実しています。

私の親類のおじさんも結局有料老人ホームに入居することになったのですが、親類曰くかなり楽しく過ごしてるみたいです。

本人自身はどちらかというと奥さんに先立たれからかなり寂しかったらしく、有料老人ホームに入ってからは一緒に住んでる人と仲良く楽しく暮らせてるんだとか。

また家事なども自分でやったりしていたのがやらなくても良くなったのが強いですね。

足がもともと悪いのに無理して買い物とかに行っていたそうで、余計体調が悪くなることも多かったらしいので今はそれがなくてむしろ入居前より元気になってるそうです。
そもそも自宅がもともとバリアフリーなどが全くない状態だったので、バリアフリーのしっかりした有料老人ホームに入ってからは快適だそうです。

生活保護受給者の方の中には生活苦から高齢者でもかなり大変な生活をされてる方も多いと思いますが、有料老人ホームをはじめとする介護施設は快適なのでケースワーカーさんなどに一度相談されてみるといいですよ。

でも有料老人ホームって高いんでしょ?保護費だけじゃ入れないんじゃ?

そう思う方って結構多いんですが、実はそんなことないんですよ。

夫婦で入れる有料老人ホームまでさまざまな形の老人ホームが全国にたくさんあります。

生活保護受給者は老人ホームもウエルカム?

まず有料老人ホームでも生活保護受給者の方の入居にとってもウエルカムな老人ホームが今増えてるんです。

私も最初驚いたんですが、実はこれは老人ホーム側にもかなりメリットがあるからなんです。

老人ホーム側も生活保護受給者はうれしいメリットが多い。

あまり知られていませんが一部の有料老人ホームは空きがあります。

しかしこの空室状態が長く続くと維持するのも大変なんです。

というのも有料老人ホームに限らず介護施設はスタッフや施設の維持にお金が発生します。

空室だろうが満室だろうが一定の維持費は有料老人ホーム側は発生するので、あまりにも空室が多いと赤字経営になってしまうのです。

しかしだからといって無理やり入れてしまうのもよくありません。

そこで生活保護受給者が入ると施設側としても入居を埋められるのでありがたいのです。

というのも費用はすべて国持ちで長期間安定して収益が出ます。

なので実際私の経験上、生活保護受給者の場合には入居一時金がかからなかったり月額費用を安くしてくれる施設もあるのです。

施設側も弱者救済の名目ができ、生活保護受給者の方も自宅で暮らすより快適な生活ができるのでメリットが多いのです。

なのでケースワーカーさんも介護が必要な方には簡単な聞き取りで老人ホームへの入居をすすめるみたいです。

ということで生活保護受給者の方の場合、もしかすると一般の方より優位に有料老人ホームに入れるのかもしれませんね。

ただしこれは介護施設側が生活保護受給者の方の入居をOKとしてる場合だけで、さらに保護費などがそのホームの月額費用以下であることが基本的な前提(多少は減額もしてくれる場合もある)なのでご注意ください。

有料老人ホームの費用は?

では実際に有料老人ホームの費用はいくらくらいなのでしょうか?

例えばあなたが有料老人ホームに入ろうとしますよね。

そこでいろいろ調べてみたら一時入居金が高すぎて(というより生活保護受給者の場合貯金がないので)入居できない!

月額費用が高くて保護費だけでは入居なんて無理!

と考えると思います。

まず一時入居金というのは有料老人ホームに入るための初期費用です。

家賃でいえば礼金のようなイメージの人も多いのですが、老人ホームの場合は人員の配置など様々な費用が発生するのでその費用となります。

この一時入居金はある程度の期間住むことを想定して支払うことが多く、一方一時入居金がゼロ円という有料老人ホームもありますが、これは初期費用が抑えられる分、

しかし、生活保護受給者の受け入れOKと記載してる有料老人ホームなどの場合、生活保護受給者であればある程度減額も可能なのです。

なので記載されてる費用だけを見るのではなく、まずは資料請求してみることが大事です。

実は電話よりも資料請求の方がちゃんとその旨記載されてることが多いのです。

費用そのものは一般的なよくある有料老人ホームであればおおむね都心であれば10から15万円程度、それ以外の都市であればそれらの8割程度の金額をイメージしておくといいでしょう。

これは食事などの費用も含まれてることもあるのでそうなると生活保護の受給額の範囲で可能となることが多いのです。